城之越遺跡 じょうのこしいせき

名勝 近畿

 
三重県
伊賀市比土・古都
指定年月日:19931029
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

遺跡は、上野市域最南部、周囲を低丘陵で囲まれた一・五キロメートル四方の小盆地の東端に所在する。遺跡の西方約七〇〇メートルのところを流れる木津川は、七キロメートルほど北流して上野市市街地西端に達し、そこから山間部を西に向かい、笠置・山城地方へと続く。
 平成三年度に実施された、県営圃場整備事業に伴う発掘調査によって、古墳時代に築造された三か所に湧水源をもつ大形の溝(以下大溝という)とともにそれを取り込むように古墳時代から中世まで連続的に推移する竪穴住居跡群や掘立柱建物群が発見された。
 後述するように、大溝は石組、貼石、立石で修景されており、出土遺物からみて祭祀の場として造られ使われたものである。また、竪穴住居跡は総数二九棟以上、掘立柱建物跡は総数五〇棟以上が検出された。
 発掘調査の区域は、低丘陵の裾から北西になだらかに下る水田中の微高地であり、約一三、〇〇〇平方メートルの範囲である。
 遺跡全体での遺構の変遷について概説する。まず古墳時代前期後半(四世紀後半)頃、竪穴住居が広く散在するとともに遺跡の北半部中央に大溝が素掘りの形で構築される。続いて大溝上流部に護岸の貼石や岬部分の立石、湧水部での石組が施される。この時期には、大溝以外には顕著な遺構がなく、大溝とそれに接続する広場状の空間は独立した祭祀の場として存在する。次に五世紀に入ると、大溝での祭祀は継続するものの大溝自体は埋没し始め、周囲に竪穴住居や掘立柱建物が造られてゆく。古墳時代後期(六世紀)には、大溝の立石や貼石部にも埋没し祭祀の存在もわからなくなる。周囲では倉庫状建物を含む掘立…

作品所在地の地図

関連リンク

城之越遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
城生柵跡
黒井峯遺跡
宮畑遺跡
東山官衙遺跡
小杉丸山遺跡
ページトップへ