桜川市真壁 さくらがわしまかべ

その他の画像 全2枚中 2枚表示

桜川市真壁
桜川市真壁

伝統的建造物群 その他 関東

 
茨城県
17.6
茨城県桜川市
選定年月日:20100629
重要伝統的建造物群保存地区

桜川市真壁町は、戦国期の真壁城(国指定史跡)に付属した集落に起源を持つ。江戸時代に入ると、笠間(かさま)藩の陣屋が置かれて在郷町として発展した。
保存地区内には江戸時代以来の町割がよく残り、天保の大火後の重厚な蔵造(くらづくり)の町家を中心に、近代の町家や洋風建築も残る。間口の広い敷地では主屋脇に薬医門(やくいもん)や袖蔵(そでくら)を建てて塀を巡らすなど、北関東らしい多様な町並み景観に特徴がある。

作品所在地の地図

関連リンク

桜川市真壁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
西予市宇和町卯之町
川越市川越
八女市八女福島(商家町 福岡)
輪島市黒島地区
横手市増田
ページトップへ