銘苅墓跡群 めかるはかあとぐん

史跡 安土・桃山 南北朝 鎌倉 室町 沖縄

 
沖縄県
中世
那覇市
指定年月日:20070726
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

銘苅墓跡群は、沖縄県沖縄本島南部、首里城跡の西方約3kmにある、沖縄グスク時代から琉球王府時代、明治時代に続く大規模な墓跡群である。周辺は琉球石灰岩地帯で、墓跡群は緩やかな起伏のなかを北西方向へ流れる小河川沿いの谷に営まれている。西方約1.5kmには東シナ海を臨む。
 この一帯214haは戦後、米軍住宅施設として使用されていたが、昭和62年に全域が解放され土地区画整理事業が行われることとなった。事業地内には亀甲形の外観を持つ亀甲墓のうち最大規模の伊是名殿内の墓をはじめ、多くの古墓が存在することが知られていた。伊是名殿内の墓と都市公園予定地内の一部の古墓については保存されることとなったが、他のものは那覇市教育委員会により平成2年から15年まで断続的に発掘調査された。調査が進むにつれ、多様な形式の墓が330基以上に及び、その成立が14・15世紀に遡ることなどが明らかとなった。このうち成立が最も古く被葬者像などが明らかで、沖縄地方の墓制の成立と展開を考える上で最も重要な銘苅川北岸の地区、29基について、計画変更し現状保存を図った。
 伊是名殿内の墓は銘苅川と大湾川の合流点付近にある、南北約30m、東西約22mの規模をもつ大規模な亀甲墓で、墓室は西に開口する。伊是名殿内は琉球王府において伊是名島・伊平屋島の総地頭をつとめた上級士族である。伊是名家の創設は19世紀前半であるが、墓の型式は18世紀に遡る可能性が指摘されている。亀甲墓は17世紀後半に中国華南地方から伝わったとされ、琉球王府時代には士族に用いられることが一般的であったが、近代以降広く普及した…

作品所在地の地図

関連リンク

銘苅墓跡群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
伊江殿内庭園
玉陵 墓室
玉陵 墓室
玉陵 墓室
徳之島カムィヤキ陶器窯跡
ページトップへ