近江神宮登廊 おうみじんぐうのぼりろう

近江神宮登廊 おうみじんぐうのぼりろう

その他の画像 全2枚中 2枚表示

近江神宮登廊
近江神宮登廊

建造物 宗教建築 昭和以降 近畿

 
滋賀県
昭和前/1940
木造平屋建,銅板葺,建築面積33㎡
1棟
滋賀県大津市神宮町1-1
登録年月日:19981009
近江神宮
登録有形文化財(建造物)

切妻造,銅板葺(当初は檜皮葺),桁行三間の単廊で,柱は丸柱,舟肘木を用い,豕叉首と斗で化粧棟木を支える。柱間は腰を板壁,腰長押と内法長押の間を硝子障子とする。社殿構成上の見せ所になり,棟は曲線を描いて内内院と内院をダイナミックに繋ぐ。

作品所在地の地図

関連リンク

近江神宮登廊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
清輝樓
毘舎佉鹿子母 (ヴィサーカーミガラーマーター)   
中野家住宅主屋
海岸の三人娘
海岸の三人娘
中村不折
上野屋本館
ページトップへ