柿右衛門窯跡 かきえもんかまあと

史跡 九州

 
佐賀県
西松浦郡有田町
指定年月日:19890922
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

佐賀県西部地方には、伊万里市、武雄市、有田町、山内町などを中心として、約五〇〇か所にのぼる近世磁器窯跡が確認されている。とりわけ、伊万里湾に流入する有田川上流域は、泉山磁石場を始めとして、山辺田・原明・天狗谷窯跡等、初期段階の磁器生産から現代に至るまで、わが国陶磁史上有数の窯場を形成している地域である。
 柿右衛門窯跡は、有田町の現酒井田柿右衛門工房裏手にあたる標高八五メートル前後の年木山丘陵西斜面に所在する。昭和五十一年から五十三年にわたり有田町教育委員会によって発掘調査が実施され、並列した二基の窯跡とその両側に物原が確認された。
 窯跡はいずれも段階式連房登窯の構造で、A窯跡は全掘されていないが、胴木間から第一二室までの水平長約四二メートル、平均窯勾配約一一・五度で、窯全体は約六〇メートル規模と推定される。各焼成室は窯尻部に移行するに従って幅を増し、扇状に広がる形態を呈する。B窯跡はA窯跡の北側に並列して構築されており、窯の最後尾が一部削平されているものの、胴木間と二一の焼成室とからなる。窯跡の水平長約八三メートル、平均勾配約一三度で、A窯跡同様窯体の平面形が扇状に広がる形態を取り、両窯跡とも保存状態は極めて良好である。物原部はA・B窯跡の両側に存在するが、規模、遺物の出土量とも北側のB窯跡に接する物原が大きく、厚さが三.八メートルにも及ぶ部分がある。
 窯跡及び物原からの出土遺物には、陶磁器片の他、陶枕、匣鉢、羽間などの窯道具類がある。このうち製品の磁器類は染付、白磁、乳白手、青磁、色絵素地、色絵等多種類に及ぶが、大半は染付によって…

作品所在地の地図

関連リンク

柿右衛門窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
手筥
手筥
飯塚琅玕斎
山

村上華岳
赤松氏城跡<BR/> 白旗城跡<BR/> 感状山城跡<BR/> 置塩城跡
遊園地
遊園地
古賀春江
仮面芝居 ワヤン・トペン
ページトップへ