近江神宮透塀(北部) おうみじんぐうすきべい(ほくぶ)

近江神宮透塀(北部) おうみじんぐうすきべい(ほくぶ)

建造物 宗教建築 昭和以降 近畿

 
滋賀県
昭和前/1940
木造,檜皮葺,長さ36m
1棟
滋賀県大津市神宮町1-1
登録年月日:19981009
近江神宮
登録有形文化財(建造物)

翼廊北端から発し,内内院の北面と西面を限り後門に連なる。土台建ちの面取角柱に秤肘木をのせ,檜皮葺の小屋根を置く。柱間は腰を1枚板,腰長押と内法長押の間を連子窓とする。五間目以西の棟を一段高め,内内院敷地の高低差に応じた造りとする。

作品所在地の地図

関連リンク

近江神宮透塀(北部)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
近江神宮翼廊(北部)
近江神宮外透塀(南部)
近江神宮登廊
近江神宮後門
近江神宮透塀(南部)
ページトップへ