旧円覚寺放生橋 きゅうえんがくじほうじょうばし

その他の画像 全3枚中 3枚表示

旧円覚寺放生橋
旧円覚寺放生橋
旧円覚寺放生橋

建造物 近世以前その他 室町 沖縄

 
沖縄県
室町後期/1498
石造一間桁橋、高欄付
高欄親柱に大明弘治戊午歳春正月吉日建立の刻銘がある
1基
沖縄県那覇市首里当蔵町二丁目1番地
重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:
沖縄県
重要文化財

 円覚寺は尚眞王が一四九二年に創立した歴代王家の菩提寺で鎌倉の円覚寺に倣って七堂伽藍が整備されたという。戰前には放生橋を含む九棟が国宝に指定されていたが、今次大戦で木造建築はすべて燒失し放生橋だけが殘された。
 この橋は総門と三門の間に掘られた放生池に架せられた高欄付きの石造橋で規模は小さいが沖縄には珍しい桁橋で意匠がすぐれ、とくに羽目石の彫刻は沖縄石造彫刻のうちでも最高作といえる。しかも戰災による破損も軽微できわめて保存がよい。

作品所在地の地図

関連リンク

旧円覚寺放生橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
円覚寺跡
天女橋
旧崇元寺第一門及び石牆
園比屋武御嶽石門
玉陵 石牆
ページトップへ