紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉 しほんぼくがたんさいしきさんすいず

その他の画像 全2枚中 2枚表示

紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉
紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉

絵画 室町 中国・四国

 
室町
一双
重文指定年月日:20001204
国宝指定年月日:
登録年月日:
株式会社ウッドワン
国宝・重要文化財(美術品)

 水墨山水図屏風の最も古い遺品群は、一五世紀後半から一六世紀初頭にかけての制作になり、いずれも周文筆と伝承されて江戸時代以来貴重視されてきた。類例稀ななかにあって、本図は明快な四季の表現をそなえ、景観構成も完成度の高い四季山水図である。
 まず、向かって右隻右端第一扇から第二扇にかけて屹立する岩山があり、画面右端近景には崖脚を渓流に没する懸崖、手前には松樹が大きく描かれるなど、垂直方向に立ち上がる力強く鋭角的な形を遠近に重ねた景観は、溌剌とした春の空気を感じさせる。近景に聳える松樹の枝越しに露台を擁する楼閣がのぞまれ、緑色の広葉樹、紅梅と思われる蕾をつけた樹木がこれを囲んでいる。第三扇から広い水景がひらけるが、第二・三・四扇の遠景には、霞に覆われた針葉樹林が広がる。
 第五・六扇最近景には、右寄りの針葉樹から一転して、豊かな葉の茂る柳と広葉樹が大きく描かれる。水景に張り出した岬に柳が数株のぞまれる。豊かに茂る葉、霧が立ちこめた湿潤な景観も、春の清々しい空気とは明らかに異なる夏の大気の感覚を見る者に察知させる。
 左隻右端第一扇の樹木の葉には夏の緑色を交えた色彩から再び一転して墨と茶色が点じられており、秋の紅葉した様を示している。はるかな対岸の上空には満月がかかり、雁であろう鳥の群れが飛ぶ。右端二扇ではややうすい墨を用い、秋の静けさがたくみに演出されている。
 第三扇より左では遠景の山が冠雪し、水景に突き出した岬のさきにすっかり葉をおとした柳樹が数株あり、周囲の汀には枯れ芦が残っている。
 第五・六扇の景観は春と同じ楼閣山水であるが、雪景色…

関連リンク

紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
ピリカノカ<BR/> 九度山(クトゥンヌプリ)<BR/> 黄金山(ピンネタイオルシペ)<BR/> 神威岬(カムイエトゥ)<BR/> 襟裳岬(オンネエンルム)<BR/> 瞰望岩(インカルシ)<BR/> カムイチャシ<BR/> 絵鞆半島外海岸<BR/> 十勝幌尻岳(ポロシリ)
富士五湖<BR/>   山中湖<BR/> 河口湖<BR/> 西湖<BR/> 精進湖<BR/> 本栖湖
山陰道<BR/> 蒲生峠越<BR/> 徳城峠越<BR/> 野坂峠越
民族衣装 コルテ(腰衣)
白河官衙遺跡群<BR/> 関和久官衙遺跡<BR/> 借宿廃寺跡
ページトップへ