饕餮文〓〈図形文字一/〉 とうてつもんか

考古資料 殷(商) 関東

 
東京都
1箇
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
登録年月日:
財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 いずれも昭和七、八年頃河南省安陽侯家荘のいわゆる殷墟(殷時代の都の跡、紀元前およそ一五〇〇年頃)から出土したと伝えられるもので、中国青銅器中の王座を占めるものである。
 中でも根津美術館の饕餮文方〓は左・中・右の三個一具の大器であり(高さ七二~七四センチ)、保存も完全に近い。これに対して白鶴美術館の二器は、大きさは前者の半分ないし四分一ほどの小器ではあるが、精緻なることこの上もなく、保存もまた完全である。また〓【か】・尊【そん】・〓【ほう】は二尺五寸ないし二尺に垂【なんな】んとする大器で、かつ、器の内底には同一の図形文字の鋳表わされている点で注目される。中国殷時代。
 *〓【ゆう】 酒などの飲物をいれる器で、提梁(つる)がある。
 *〓【じこう】 角形【つのがた】の酒などを飲む容器。
 *〓【か】 酒などの飲物をあたためて注ぐのに用いられたと思われる。
 *〓【か】 酒などの飲物をあたためたり、または飲むのに用いたと思われる。
 *尊【そん】 酒などの飲物をいれるのに用いたと思われる。
 *〓【ほう】 酒その他の飲物をいれた器と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

饕餮文〓〈図形文字一/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
饕餮〓鳳文〓〈図形文字一/〉
饕餮〓竜文尊〈図形文字一/〉
饕餮文方〓〈文字一/〉
饕餮文方〓〈図形文字一/〉
象頭〓〓
ページトップへ