小浜市小浜西組 おばましおばまにしぐみ

伝統的建造物群 その他 中部

 
福井県
19.1
福井県小浜市
選定年月日:20080609
重要伝統的建造物群保存地区

小浜は福井県の南西部、日本海に面した港町である。古くは日本海側から京への物資の中継地であり、若狭国の政治の中心地でもあった。慶長6年(1601)に京極高次の小浜城築城後町人地が拡大し、貞享元年(1684)に東、中、西の3組に区分された。
保存地区はそのうち西組のほぼ全域で、商家町と茶屋町、寺町からなる。商家と茶屋では建築様式が多少異なっており、茶屋は二階前面に縁や出窓を出す特徴がある。近世城下町の町割を継承し歴史的風致を今日によく伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

小浜市小浜西組チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
篠山市篠山(城下町 兵庫)
豊岡市出石
恵那市岩村町本通り
輪島市黒島地区
萩市堀内地区
ページトップへ