先島諸島火番盛 さきしましょとうひばんむい

その他の画像 全10枚中 8枚表示

史跡 江戸 沖縄

 
沖縄県
近世
宮古島市、石垣市、宮古郡多良間村、八重山郡竹富町、八重山郡与那国町
指定年月日:20070323
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

鎖国体制下の1644年に、薩摩藩支配の琉球王府によって設置された、海上交通の監視・通報(烽火)機能をになった遠見番所跡群。火番盛とは火を焚く丘というような意味をもつ。先島諸島は琉球列島の最西端に位置し、東シナ海の緊張に直面しており、対外関係と鎖国体制の完成を示す遺跡として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

先島諸島火番盛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
久米島町奥武島の畳石
久部良バリ及び久部良フリシ
長者ヶ平官衙遺跡附東山道跡
旧与那国家住宅
川平湾及び於茂登岳
ページトップへ