薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島) さつませんだいし いりきふもと(ぶけまち かごしま)

その他の画像 全4枚中 4枚表示

薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島)
薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島)
薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島)
薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島)

伝統的建造物群 武家町 鹿児島県

 

入来麓は、鹿児島県の北西部に位置する薩摩藩の麓の一つ。保存すべき地区は、中世山城である清色城とその山裾に領主館をおき、東を流れる樋脇川(清色川)との間の平地に広がる中心的居住地域である。屋敷割も近世に形成された街路を踏襲し、街路に面して玉石積の石垣と石垣上に植えられた生垣によって区画されており、周囲の山々と一体となり美しい緑地景観を生み出している。

関連リンク

ページトップへ