長崎市南山手(港町 長崎) ながさきし みなみやまて(みなとまち ながさき)

その他の画像 全4枚中 4枚表示

長崎市南山手(港町 長崎)
長崎市南山手(港町 長崎)
長崎市南山手(港町 長崎)
長崎市南山手(港町 長崎)

伝統的建造物群 港町 明治 長崎県

 

南山手地区は、東山手と同じ居留地であるが、主として住宅地の区域で、長崎湾を見下す丘の上に位置する。保存地区は旧居留地の下等地である南山手町の大部分に海岸部の要所を加えた範囲で、明治時代の洋風住宅建築が比較的良好に残る。南山手町の北寄りには、元治元年(1864)建設の大浦天主堂(国宝)やグラバー園があり、長崎市のシンボル的存在となっている。

関連リンク

長崎市南山手(港町 長崎)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
飯島家住宅旧土蔵
リトグラフ集「西国巡礼」/第14番 長等山 園城寺(三井寺)
日記 1976年11月18日(c)
リトグラフ集「西国巡礼」/第24番 紫雲山 中山寺
アッリアとパエトゥス
アッリアとパエトゥス
ピエール・ルポートル(1660-1744)の大理石のオリジナルによる
ページトップへ