古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本) こきんわかしゅうだい12ざんかん(ほんあみぎれぼん)

その他の画像 全6枚中 6枚表示

古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)
古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)
古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)
古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)
古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)
古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)

その他の美術 平安 日本

 
平安
彩箋墨書
16.7cm
1巻
国宝

内題はないが、古今集第十二恋歌二の巻頭の和歌49首、132行分の残巻である。料紙は夾竹桃文様の雲母箔摺胡粉地カラ紙8枚を継いでいる。古今集の写本としては異同が多く奏覧本の系統ではない。文字の形がまる味をおびて書かれているのが特徴で、その余白のとり方、散らし書の連綿は見るべきものがある。古来、小野道風の筆蹟といわれ、その個性味あふれた書風は、料紙の美しさと相俟って「名物切第一の切なり」といわれ特に尊重愛好されてきた。本阿弥光悦が所持していたとの伝承から本阿弥切と呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集第十二残巻(本阿弥切本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
古今和歌集巻第十二残巻(本阿弥切本)
彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
貫之集〈第五残巻、第八/(村雲切本)〉
新古今和歌集(隠岐本)上
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
ページトップへ