向瀧客室棟(会議室、菊の間他) むかいたききゃくしつとう(かいぎしつ、きくのまほか)

建造物 近代その他 / 昭和以降 / 東北

  • 福島県
  • 昭和前/1935頃
  • 木造3階建、瓦葺、建築面積360㎡
  • 1棟
  • 福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200
  • 登録年月日:19961220
  • 株式会社向瀧
  • 登録有形文化財(建造物)

向瀧客室棟(会議室,菊の間他)は,客室棟(花月の間,梅の間他)とともに東京の棟梁の手になり,地元の職人が多くの造作を手がけたと伝える。数寄屋風の客間や洋風の会議室等の各室の意匠に特徴があり,当時の職人技術の水準を示した建物の好例である。

向瀧客室棟(会議室、菊の間他) むかいたききゃくしつとう(かいぎしつ、きくのまほか)

その他の画像

全2枚中 2枚表示

向瀧客室棟(会議室、菊の間他)向瀧客室棟(会議室、菊の間他)
ページトップへ