叡福寺 聖霊殿 えいふくじ せいりょうでん

建造物 宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿

  • 大阪府
  • 桃山/1603
  • 桁行三間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、本瓦葺、
    南面突出部 桁行三間、梁間二間、一重入母屋造、本瓦葺
  • 1棟
  • 大阪府南河内郡太子町大字太子
  • 重文指定年月日:19770128
    国宝指定年月日:
  • 叡福寺
  • 重要文化財

聖徳太子の墓前に営まれた寺院。 聖霊殿は聖徳太子像を祀るもので、豊臣秀賴の再興になる。 平面L字型の特異な形式をもつ仏堂で、細部の手法はよく時代の特色を示す。 多宝塔は比較的木割が太く、正統派に近い塔である。 共に良質で、保存が良い。

叡福寺 聖霊殿

ページトップへ