円教寺常行堂 えんぎょうじじょうぎょうどう

建造物 宗教建築 / 室町 / 近畿

  • 兵庫県
  • 室町中期/1453(常行堂)、1463(中門及び楽屋、舞台)
  • 常行堂、中門、楽屋及び舞台より成る
    常行堂 桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、本瓦葺
    中門及楽屋 桁行南面十間、北面九間、梁間二間、一重、
    中門切妻造、楽…
  • 1棟
  • 兵庫県姫路市書写
  • 重文指定年月日:19550622
    国宝指定年月日:
  • 円教寺
  • 重要文化財

書写山として有名なところ、十-十二とも室町時代。食堂は総二階造で、古い寺院建築には唯一である。

円教寺常行堂 えんぎょうじじょうぎょうどう

ページトップへ