曜変天目茶碗 ようへんてんもくちゃわん

工芸 /  / 近畿

  • 奈良県
  • 南宋
  • 素地は鉄分の多い灰黒色の陶胎。これに光沢のつよい漆黒の釉薬が厚くかかり、腰以下は露胎である。形は口辺が捻り返しとなり、腰がすぼみ、高台の小さく底の削り込みの浅いいわゆる…
  • 高6.8 口径13.6 高台径3.6 (㎝)
  • 1口
  • 奈良市登大路町50
  • 重文指定年月日:19530331
    国宝指定年月日:19531114
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

もとは水戸徳川家に伝わった天目茶碗。静嘉堂、龍光院の曜変天目茶碗と並んで曜変中の三絶とされている。曜変は稲葉天目ほど鮮やかではないが、内外両面に美しい曜変のあるのは本茶碗だけで、大名物として古来とくに珍重されたものである。

曜変天目茶碗

ページトップへ