飯盛寺本堂 はんじょうじほんどう

建造物 宗教建築 / 室町 / 中部

  • 福井県
  • 室町後期/1489
  • 桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、妻入、茅葺、向拝一間、こけら葺
  • 1棟
  • 福井県小浜市飯盛
  • 重文指定年月日:19830107
    国宝指定年月日:
  • 飯盛寺
  • 重要文化財

正面五間、奥行五間、寄棟造、妻入りの仏堂で、組物は出三斗である。若狹地方には中世密教本堂が比較的よく残るが、この建物も室町後期のものとしては古様を伝え木割が太く、本格的な和様の手法になる。
屋根は茅葺から桟瓦葺に改造されたが、軸部は当初の形態を良く残し貴重である。

飯盛寺本堂 はんじょうじほんどう

ページトップへ