康楽館 こうらくかん

建造物 近代その他 / 明治 / 東北

  • 秋田県
  • 明治/1910
  • 正面28.2m、側面38.2m、一部二階、正面入母屋造、背面切妻造、妻入、
    正面両突出部寄棟造、一階正面中央札売場・一階南側面西端座敷・北側面西端便所付、奈落を含む、銅板葺
  • 1棟
  • 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2番地
  • 重文指定年月日:20020523
    国宝指定年月日:
  • 小坂町
  • 重要文化財

康楽館は,小坂鉱山を経営する合名会社藤田組が明治43年に建設した芝居小屋で,設計は小坂鉱山事務所工作課営繕掛長の山本辰之助とされる。
 建物は木造一部2階建,切妻造,銅板葺(もと杉板葺),妻入である。
 内部は,玄関ホール,客席部,舞台,楽屋からなり,舞台中央には廻り舞台を設ける。正面のイギリス下見板張の外壁,装飾的な棟飾と妻飾,破風板を縁取る装
飾,客席部の洋風の格縁天井など,要所に洋風意匠が見られる。
 康楽館は,明治後期から大正初期にかけて全盛期を迎えた小坂鉱山と鉱山町の繁栄を物語る遺構のひとつとして貴重である。
 近代の芝居小屋では,伝統的な形式を踏襲しつつ,優れた洋風意匠を取り入れた現存最古のものとして歴史的価値が高い。

康楽館 こうらくかん

ページトップへ