央橋 なかばし

建造物 近代その他 / 昭和以降 / 関東

  • 茨城県
  • 昭和前/1937
  • 鉄筋コンクリート造アーチ橋、橋長34m、幅員6.0m
  • 1基
  • 茨城県常陸太田市春友町~町屋町
  • 登録年月日:20030919
  • 常陸太田市
  • 登録有形文化財(建造物)

市を縦貫する久慈川水系里川を,旧国道349号が跨ぐ地点に架かる支間32.8mの下路式RC造単アーチ橋。アーチ材と桁が共に曲げ剛性を有し,それらを垂直材で結ぶいわゆるローゼ橋の初期の例で,特に関東以北では貴重な遺構。メガネ橋の名で親しまれる。

央橋 なかばし

その他の画像

全2枚中 2枚表示

央橋央橋
ページトップへ