出雲の藤布紡織習俗 いずものふじぬのぼうしょくしゅうぞく

民俗 無形民俗文化財 / 中国・四国

  • 選択年月日:19670301
    保護団体名:特定せず
    備考:記録:『紡織習俗Ⅱ(島根県・鹿児島県)(無形の民俗文化財記録第26集)』(文化庁文化財保護部・昭和56年3月30日)
  • 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この習俗は、藤の皮をはいで、糸を紡ぎ、藤布を織る技術・習俗で、出雲地方の旧八束郡鹿島町上講式などにみられるものである。木綿や麻が普及する以前に、山野に自生する植物を繊維とした典型的事例の1つであるが、近代以降の衣服原料の改変により衰退にひんしている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

出雲の藤布紡織習俗 いずものふじぬのぼうしょくしゅうぞく

その他の画像

全10枚中 8枚表示

ページトップへ