円教寺奥之院 開山堂 えんぎょうじおくのいん かいざんどう

建造物 宗教建築 / 江戸 / 近畿

  • 兵庫県
  • 江戸前期/1673
  • 桁行五間、梁間六間 一重 宝形造 本瓦葺
  • 1棟
  • 兵庫県姫路市書写
  • 重文指定年月日:20140127
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

円教寺は姫路市街北西の書写山の山上にある天台宗寺院で、奥之院は開山性空の廟所である。現在の開山堂は寛文13年(1673)の建立で、永禄2年(1559)建立の重要文化財円教寺護法堂(乙天社及び若天社)や、天正17年(1589)建立の護法堂拝殿とともに奥之院を構成する。開山堂は桁行五間、梁間六間の宝形造で、礼堂風の外陣、中央を敷瓦の土間とした内陣を持ち、外廻りの和様組物間の菱支輪や、禅宗様の須弥壇廻りと宮殿、外陣の海老虹梁など、近世らしい意匠がみられる。護法堂拝殿は護法堂の正面に建つ桁行七間の懸造である。円教寺奥之院の建造物は、開山堂を中心として、まとまりのある開山廟所の空間を形成しており、既指定の護法堂とともに保存を図る。

円教寺奥之院 開山堂 えんぎょうじおくのいん かいざんどう

その他の画像

全2枚中 2枚表示

円教寺奥之院 開山堂円教寺奥之院 開山堂
ページトップへ