石谷家住宅 家族棟 いしたにけじゅうたく かぞくとう

建造物 住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国

  • 鳥取県
  • 昭和/1928
  • 木造、建築面積一一九・八七平方メートル、二階建、入母屋造、南面主屋に接続、桟瓦葺
  • 1棟
  • 鳥取県八頭郡智頭町大字智頭396番地
  • 重文指定年月日:20091208
    国宝指定年月日:
  • 智頭町、石谷樹人、石谷正樹
  • 重要文化財

 石谷家住宅は,山林経営を主として営んでいた旧家の住宅で,大正8年から昭和4年にかけて屋敷全体の造営が行われた。
広大な敷地の中央に建つ主屋は昭和3年の竣工で,敷地内には, 主屋を中心に座敷や米蔵などが並び建っている。
主屋は,智頭地方特産の良質な杉材などの銘木を用い,高度な架構技術により宏壮な土間空間を創る大型の建物で,座敷の細部意匠も洗練されたつくりになる。
 石谷家住宅は,優れた意匠をもつ大型の近代和風建築として重要であるとともに,質の高い土蔵などの附属屋や庭園がよく残り,豪壮な屋敷構えを伝えている点でも価値が高い。

石谷家住宅 家族棟 いしたにけじゅうたく かぞくとう

その他の画像

全2枚中 2枚表示

石谷家住宅 家族棟石谷家住宅 家族棟
ページトップへ