土崎神明社祭の曳山行事 つちさきしんめいしゃさいのひきやまぎょうじ

民俗 無形民俗文化財 / 秋田県

  • 東北
  • 秋田県秋田市
  • 2016年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「山・鉾・屋台行事」として登録
  • 保護団体:土崎神明社奉賛会
  • 重要無形民俗文化財(風俗慣習:祭礼(信仰))平成9年12月15日指定

この行事は、土崎港各町の総鎮守として崇敬されてきた土崎神明社の例祭で、神輿の渡御に合わせて、町内を曳山が巡行する行事である。旧47町内が9つの組に分かれて当番を務める。20日の宵宮では、町内を中心に曳山が曳き回され、神明社に参拝してお祓いを受ける。21日の本祭では、神輿が町内を巡行してお旅所に向かい、各町内の曳山がこれをお旅所前の路上で迎える。巡行中は囃子の演奏に合わせて曳き手の若者や子どもたちが路上で手踊りを披露する。
 曳山は、毎年、旧町内を単位に奉納されるが、毎年作り替えられ、その数も年によって違う。また年によっては土崎神明社境内などに置山も作られる。

土崎神明社祭の曳山行事 つちさきしんめいしゃさいのひきやまぎょうじ

ページトップへ