鳥出神社の鯨船行事 とりでじんじゃのくじらぶねぎょうじ

民俗 無形民俗文化財 / 三重県

  • 近畿
  • 三重県四日市市
  • 2016年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「山・鉾・屋台行事」として登録
  • 保護団体:富田鯨船保存会連合会
  • 重要無形民俗文化財(風俗慣習:祭礼(信仰))平成9年12月15日指定

鳥出神社の鯨船行事は、富田地区の4つの集団から、豪華な装飾の施された4隻の鯨船が曳き出される行事である。14日朝の鳥出神社での鎮火祭の後、鯨船が町内を練る。15日午後は神社境内で練りが行われ、鯨の発見と追跡、鯨の反撃、鯨を銛突きなどの演技をして、新築・結婚・出産などを祝う。

鳥出神社の鯨船行事 とりでじんじゃのくじらぶねぎょうじ

ページトップへ