長浜曳山祭の曳山行事 ながはまひきやままつりのひきやまぎょうじ

民俗 無形民俗文化財 / 滋賀県

  • 近畿
  • 滋賀県長浜市
  • 2016年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「山・鉾・屋台行事」として登録
  • 保護団体:公益財団法人長浜曳山文化協会
  • 重要無形民俗文化財(風俗慣習:祭礼(信仰))昭和54年2月3日指定

この行事は、長浜八幡宮の春祭に際して、12基ある曳山のうち、毎年4基ずつが交替で曳き出されるものである。4月13日の神輿渡御、鬮取り神事から始まり、14日の登り山、夕渡り、15日の朝渡り、太刀渡り、歌舞伎(狂言)奉納、お旅所への曳山、戻り山、16日の後宴などが行われる。曳山は、歌舞伎(狂言)を演じる花道用のセリ出しが仕込まれ、後部が竹本用の部屋になっている。また2階に亭があり、囃子が奏される。

長浜曳山祭の曳山行事 ながはまひきやままつりのひきやまぎょうじ

ページトップへ