旧中尾家住宅 主屋 きゅうなかおけじゅうたく しゅおく

建造物 城郭建築 / 江戸 / 九州

  • 佐賀県
  • 江戸中期/18世紀前期
  • 木造切妻平入桟瓦葺き二階建。北棟と南棟からなり、棟高は北側が低く、南側が高い。間口は9間半、うち北棟が4間半、南棟が5間を測る。奥行きは北棟が6間、南棟が7間半と異なる…
  • 建築面積253.77㎡
  • 1棟
  • 唐津市呼子町呼子3750番地2
  • 佐賀県指定
    指定年月日:20120427
  • 唐津市
  • 有形文化財(建造物)

中尾家は、壱岐の土肥家、唐津の常安家・草場家とともに、小川島を拠点とする捕鯨業で繁栄し、その財力は藩の財政を潤しただけでなく、神社を勧請し、寺院を建立するなど、近世中期以降における呼子の発展に大きく寄与している。

旧中尾家住宅 主屋 きゅうなかおけじゅうたく しゅおく

その他の画像

全2枚中 2枚表示

旧中尾家住宅 主屋旧中尾家住宅 主屋
ページトップへ