録旧作 ろくきゅうさく

その他の美術  / 江戸 / 佐賀県

  • 鍋島直正 (1814~1871)
  • なべしまなおまさ
  • 佐賀県
  • 文政5~10年/1822~27
  • 絹本墨書 掛幅装
  • 竪130.7cm 横28.9cm
  • 1幅
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

「世子之印」があることなどから、鍋島直正(1814~71)が10代佐賀藩主に就任する17歳以前の作。文字の連綿はないが、筆画に気持ちの連続性を読み取れる書。線の肥痩、文字の大小など構成への配慮が認められ、落ち着きある線には老熟さをも感じる。「舟」字の最終画に見られる線の違いは印象的。
なお本作の基となった漢詩は、鍋島直正漢詩文集「超然閣稿」に、文政7年(1824)の作詩として収録されている。

録旧作 ろくきゅうさく

ページトップへ