飯田家住宅座敷棟 いいだけじゅうたくざしきとう

建造物 住居建築 / 明治 / 北海道

  • 北海道
  • 明治/1911年/1951年移築
  • 木造平屋建、鉄板葺、建築面積56㎡
  • 1棟
  • 北海道沙流郡日高町富川南1-401-50
  • 登録年月日:20141219
  • 登録有形文化財(建造物)

皇太子(後の大正天皇)行啓時の宿所として旧門別町で建てられた建物の座敷二室と東廊下の主体部を移築し、周囲に増築した。軸部にヒノキの良材をふんだんに使い、折上格天井、トコ、付書院、建具、錺金具などの内部造作は善美を尽くした気品ある意匠になる。

飯田家住宅座敷棟 いいだけじゅうたくざしきとう

ページトップへ