重要無形民俗文化財

重要無形民俗文化財

 無形の民俗文化財とは衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能など、人々が日常生活の中で生み出し、継承してきたものです。
 国は、このうち特に重要なものについて重要無形民俗文化財として指定を行い、こうした指定文化財を中心に未指定のものも含めて、地方公共団体や保護団体等が行う保存・伝承事業や活用事業などに対して助成を行っています。また、指定されているもの以外の中から、特に記録作成などの必要のあるものについて選択し、必要に応じて国が記録を作成したり、地方公共団体等の行う調査事業や記録作成の事業に助成を行っています。

ページトップへ