天然記念物

天然記念物

 天然記念物は、我が国の地質時代の成り立ちと、現在の多様な自然環境の広がり、そして人と自然との関係を考える上で欠く事のできないものであり、日本の自然を記念物する動物・植物・地質鉱物及びその複合である天然保護区域のうち学術上価値の高いものが対象となっています。
 なお、天然記念物に指定されると、指定動植物の捕獲・採取、地域の開発行為等が規制されるとともに、日常的な管理が行われます。また、減少や衰退が見られるものについては、回復に向けた対策を講じることとしています。

ページトップへ