日高川草紙 ひだかがわそうし

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代前期
紙本著色
縦27.5cm,全長1407.2cm
1巻

 「賢学草紙」とも呼ばれる道成寺縁起の異本で、三井寺の僧・賢学と遠江国橋本の長者の娘・花姫を主人公とする。通例の「道成寺縁起」に比べて、宗教色が希薄で、「御伽草子」的要素が強いとされる。酒井家旧蔵本と根津美術館本の2系統の作品群が存在するが、本品は、前者の系統に属し、欠落のある冒頭部分から、巻末の土佐光起による延宝5年(1677)の極書までを忠実に模した粉本である。

作品所在地の地図

関連リンク

日高川草紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

道成寺縁起(A-1本)
高祖大師秘密縁起 巻七~巻十
熊野権現縁起絵巻
道成寺縁起(B本)
紙本著色馬医草紙残闕
ページトップへ