徳川斉順帰国行列図 とくがわなりゆききこくぎょうれつず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

秋香軒
しゅうこうけん
江戸時代後期/1844
紙本著色
縦24.7cm,全長2699.9cm
1巻

 徳川斉順(1801~46)は、11代将軍徳川家斉(1773~1841)の7男で、文化13年(1816)に紀伊藩10代藩主徳川治宝(1771~1853)の養子となり、文政7年(1824)に治宝の隠居により、11代藩主となった。本品は、斉順が江戸から紀州に帰国する際、和歌山城下の京橋から本町御門までの行列の様子を描いた作品である。筆者の秋香軒とは、城下・駿河丁糸源の隠居であるとされるが、詳細は不明。なお、本品には南葵文庫の蔵書印が捺されており、紀伊徳川家旧蔵品である。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川斉順帰国行列図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西浜御殿之図
羽子板(徳川豊姫所用)
雪中牡丹図
雪中牡丹図

徳川治宝

芸州広島ヨリ江波御船場迄御行列図
紀州版群書治要
ページトップへ