聖アントワーヌの誘惑、第1集(10点連作) ・・・緑色の目をしたキマイラが回転し、咆吼する

その他 

ルドン、オディロン (1840-1916)
1888年
リトグラフ、雁皮紙貼付
27.5×16.0 cm

作品所在地の地図

関連リンク

聖アントワーヌの誘惑、第1集(10点連作) ・・・緑色の目をしたキマイラが回転し、咆吼するチェックした作品をもとに関連する作品を探す

「聖アントワーヌの誘惑」第一集 Ⅶ. 緑の眼をしたキマイラが、ぐるぐるまわり、ほえたてる
「ギュスターヴ・フロベールに」(「聖アントワーヌの誘惑」第二集) Ⅴ.スフィンクス:...私のまなざしは何物にもそらされることなく、万象の彼方、近づきえない地平のはてにじっと向けられたままでいるのだ。キマイラ:私はね、軽々として陽気だよ
「ギュスターヴ・フロベールに」(「聖アントワーヌの誘惑」第二集) Ⅳ.聖アントワーヌ:どこかに始原的な形象があるはずだ。その身体は映像にすぎないのだ
「聖アントワーヌの誘惑」第三集 ⅩⅧ. アントワーヌ:これらすべての目的は何だろう? 悪魔:目的などはないのだ!
「聖アントワーヌの誘惑」第一集 Ⅴ. すると魚の体に人間の頭をつけた奇妙な生物が現れる
ページトップへ