源頼朝書状 みなもとよりともしょじょう

文書・書籍 / 鎌倉 / 大分県 

鎌倉時代/12世紀
縦33.2×横88.5㎝
1幅

鎌倉幕府を作った源頼朝が、丹波国前山荘の住人為重・永遠の逮捕を依頼され、家人の北条時定を適任者として推薦した書状。宛名がないが、後白河法皇あてと考えられる。本書状は戦国時代豊後国主であった大友氏の末裔で、江戸時代熊本藩主細川氏に仕えた大友松野家に伝来した。内容的には大友氏と全く関係のない本書状を大友氏が所有していたのは、大友氏初代能直が頼朝のご落胤という言い伝えがあり、その根拠とするため手を尽くして入手したためと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

源頼朝書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友義鎮(宗麟)書状
大友義統書状
大友義鑑書状
長寿丸(大友義統)書状
大日本六十余将之内、豊後大友刑部大輔氏時
ページトップへ