紺裾濃胴丸具足一式 こんすそのうどうまるぐそくいっしき

工芸 / 日本 

明珍家
みょうちんけ
香川県高松市
1
香川県立ミュージアム

色の異なる威糸の使い方で、下に向かって徐々に色が濃くなる組み合わせを裾濃威という。大きく広がりやや浅めの錣をもつ兜は、江戸時代より時代のあがる形式である。前立の兎は、甲冑のイメージに合わないにように思えるが、月信仰や俊敏さの象徴として用いられている。

作品所在地の地図

関連リンク

紺裾濃胴丸具足一式チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本小札紫裾濃威胴丸
紫裾濃威胴丸具足
五枚胴具足(韋糸威二枚胴具足、伊予札桶側菱綴胴胸取具足)
甲冑(白糸威鎧)
朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 一具
ページトップへ