深鉢形土器 ふかばちがたどき

土器・土製品類 / 縄文 / 岩手県 

縄文時代中期/約4500年前
縄文土器
高さ46.5cm
繋遺跡出土
国指定重要文化財

1951年に小学校校庭の整地工事の際に発見された縄文土器です。大胆で整然とした構図のもと,全面に隆沈線による唐草状の大渦巻文を中心として,小渦巻文や懸垂文が描かれており,北上川流域における代表的な縄文中期の土器といえます。

作品所在地の地図

関連リンク

深鉢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
柿ノ木平遺跡出土伏甕
縄文土器
寺原遺跡出土の線刻画土器
群馬県道訓前遺跡出土品
ページトップへ