十勝ホロカンヤトー竪穴群 とかちほろかんやとーたてあなぐん

集落跡 / 北海道 

北海道
擦文時代
大樹町字晩生
大樹町市街地より33㎞、大樹町教育委員会 0155-86-2111、自由に見学できます。
北海道指定史跡

・この竪穴群は、大樹町本町の東方約17キロメートルの太平洋沿岸にあります。
・遺跡はオロカンヤトー沼の東北岸の標高15メートルの小段丘上につくられた一大集落で、竪穴住居跡は130軒余を数えています。
・竪穴は一辺の長さ5メートル前後で方形に近く、深さは50~100センチメートル、外周は幅3メートルにわたって約10~20センチメートルの土盛りがしてあります。
・遺物は擦文式土器が主体で、オホーツク式土器も発掘された事が注目されています。
・遺跡の特色は、土器、石器ともに数が少なく金属器が出土していることです。おそらくすでに石器の使用がすたれて、金属器、木器などが多く使われていた頃のものと思われます。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

十勝ホロカンヤトー竪穴群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

シブノツナイ竪穴住居跡
ポロナイポ遺跡出土遺物
大樹遺跡出土の遺物
厚岸神岩砦跡及び竪穴群
興部豊野竪穴住居跡
ページトップへ