求福山山車の人形とその他附属品 きゅうふくざんだしのにんぎょうとそのたふぞくひん

有形民俗文化財 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸時代
松前町郷土資料館 松前町字松城
松前町郷土資料館、松城バス停より徒歩15分。松前町教育委員会 0139-42-3060。
北海道指定有形民俗文化財

・求福山山車は、松前城下を代表する東西の山車の西部代表とされ、町内の豪商伊達林右衛門が代々にわたって保存していました。
・この山車は、宝暦年間に製作されたと言われていますが、定かではありません。
・正面には松前家第17世崇廣(第13代藩主)筆の「求福山」の懸額を掲げ、向かって左に尉、右に姥の正装人形を配しています。この衣装は、祭礼のときに藩主、奥方から下げわたされたものです。
・側面には、水引幕として「孔雀刺繍」が左右に張られ、背面の見返り幕は「鯉の滝登り刺繍」です。

関連リンク

求福山山車の人形とその他附属品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松前祇園ばやし
松前神楽
松前屏風
松前屏風

小玉貞良

薙刀銘堀井正次
薙刀銘堀井正次

堀井正次

旧松前城本丸表御殿玄関
ページトップへ