旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール きゅうよこはまきょりゅうちれんがづくりげすいどうまんほーる

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 明治 / 関東 

神奈川県
明治/1881-1883
外径長4.0m,外径幅3.2m,沈殿槽部深さ2.1m,前後卵形管総延長41.5m附属
1基
神奈川県横浜市中区日本大通
登録年月日:19980902
横浜市
登録有形文化財(建造物)

明治初年のブラントン設計による陶管下水道を煉瓦造に改造した際の施設。当時神奈川県御用掛の三田善太郎が計画にあたる。日本人の計画になる最初の近代下水道遺構として貴重。2本の中下水卵型管を接続する。大桟橋入口の開港広場に保存展示されている。

作品所在地の地図

関連リンク

旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホールチェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧神戸居留地煉瓦造下水道
日本大通り
ジェラール水屋敷地下貯水槽
横浜市西谷浄水場濾過池整水室上屋4号棟
横浜市開港記念会館
ページトップへ