光明寺本堂 こうみょうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1925
木造平屋建,瓦葺,建築面積331㎡
1棟
兵庫県加東市光明寺433
登録年月日:19990607
宗教法人光明寺
登録有形文化財(建造物)

安政6年焼失した本堂を武田五一の設計により大正14年に再興したもの。銅板葺入母屋造の五間堂で、四周に縁を回し、正面に3間の向拝をのばす。内部は1間幅の外陣、2間幅の内陣、2間幅の宮殿とで構成される。鎌倉時代の建築様式に倣ったとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

光明寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清水寺根本中堂
慈眼寺持宝院大師堂
長福寺本堂
養照寺本堂
楊柳寺本堂
ページトップへ