一橋大学東本館 ひとつばしだいがくひがしほんかん

近代その他 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和前/1929
鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1711㎡
1棟
東京都国立市中2-1
登録年月日:20000926
国立大学法人一橋大学
登録有形文化財(建造物)

一橋大学は,堤康次郎の構想による国立学園都市の中核施設として昭和2~5年に神田から移転。大学通り東側のキャンパス地に商学専門部本館として建設される。ロ字形平面RC造2階建で,兼松講堂と似たロマネスク風の意匠を基調とする。設計は文部省建築課。

作品所在地の地図

関連リンク

一橋大学東本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一橋大学兼松講堂
一橋大学旧門衛所
東京大学教養学部旧第一高等学校本館(時計台)
旧東京科学博物館本館
東京農工大学農学部本館
ページトップへ