関戸家住宅穀蔵 せきどけじゅうたくこくぐら

住居建築 / 江戸 / 関東 

神奈川県
江戸/1830-1867
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積23㎡
1棟
神奈川県横浜市青葉区美しが丘西2-40-8
登録年月日:20010828
登録有形文化財(建造物)

主屋東端のもと馬屋の東南前方に位置し,主屋とは棟をやや振って建つ。桁行4間,梁行2間規模の2階建土蔵で,西妻面に土庇を付けて蔵前を設け,切妻造,桟瓦葺の置屋根を載せる。丁寧な造りの穀蔵で,現在は文庫蔵と同様に腰を石造風に仕上げる。

作品所在地の地図

関連リンク

関戸家住宅穀蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

関戸家住宅文庫蔵
遠藤家住宅穀蔵
武重本家酒造及び武重家住宅味噌蔵
小田部鋳造南土蔵
小島家住宅蔵
ページトップへ