小林家住宅主屋 こばやしけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

和歌山県
江戸/1830-1867
木造2階建、瓦葺、建築面積172㎡
1棟
和歌山県橋本市古佐田1-237、247
登録年月日:20040217
登録有形文化財(建造物)

集落中央を東西に貫く通りの西端突当りに位置する。入母屋造,平入の町家で,下手に通り土間,床上部は田の字形に4室を配し,背後に角屋を延ばし炊事場とする。1階正面に繊細な格子を入れ,塗込のつし2階正面に虫籠窓を開け,町並の核として外観を整える。

作品所在地の地図

関連リンク

小林家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三尾家住宅主屋
高井家住宅主屋
梅本家住宅主屋
豊島家住宅主屋
前田家住宅主屋
ページトップへ