寺内家住宅主屋 てらうちけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

群馬県
昭和前/1935
木造2階建、瓦葺及び鉄板葺、建築面積148㎡
1棟
群馬県桐生市永楽町6-7
登録年月日:20051110
登録有形文化財(建造物)

敷地北西に,蔵及び検反場の西面に隣接して建つ。入母屋造,桟瓦葺,東西棟の木造2階建。外壁は下見板張とし,全体を和風でまとめるが,スチーム暖房を採用し,玄関脇に洋間応接室を設け,中廊下式の居室配置とするなど,昭和初期の近代和風住宅の特徴を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

寺内家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧尾関家住宅主屋
栗原家住宅主屋
寺内家住宅旧別荘
旧金谷家住宅主屋
旧松岡商店事務所
ページトップへ