旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック) きゅうよこはませんきょかぶしきがいしゃだいにせんきょ(どっく)

近代その他 / 明治 / 関東 

神奈川県
明治/1896
石造乾船渠(ドライドック)、扉船附属、支持構造体(面積3,412m2)を含
1基
神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号
重文指定年月日:19971203
国宝指定年月日:
三菱地所株式会社
重要文化財

英国人技師パーマーの提言に基づき、明治22年設立の「横浜船渠会社」が明治29年に建設した船舶補修用のドックである。設計は海軍技師の恒川柳作が担当した。民営のものとしては、現存最古の石造乾船渠(ドライドック)であり、邦人技師の手による明治期の土木技術を今日に良く伝えている。このドックは昭和48年にその役割を終えたが、所有者と横浜市で検討の結果、平成5年にイベント・スペースとして再生した。

作品所在地の地図

関連リンク

旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧横浜船渠株式会社第一号船渠(ドック)
石造り1号船渠
石造り1号船渠

横浜船渠

氷川丸
旧横浜正金銀行本店本館
三国港(旧阪井港)突堤
ページトップへ