旧神戸居留地十五番館 こうべきょりゅうちじゅうごばんかん

近代その他 / 明治 / 近畿 

兵庫県
明治/1881頃
木骨煉瓦造、建築面積175.4m2、二階建、桟瓦葺
1棟
兵庫県神戸市中央区浪花町15番地
重文指定年月日:19890519
国宝指定年月日:
株式会社ノザワ
重要文化財

慶応三年(一八六七)、兵庫(神戸)居留地の設立が決定し、造成工事がはじまった。第一回の競売が明治元年(一八六八)におこなわれ、「十五番」の土地はフランス人が落札しホテルが建てられた。この地に現在の建物が建ったのは明治十四年ころと推定される。昭和四十一年に株式会社ノザワ本社となった。
 この建物は木骨煉瓦造、二階建で、海に面する南面両端にペジメントをつけ、二階を開放的なヴェランダとして正面性を強調していた。のちにヴェランダを室内に取り込んでいる。
 全般的に保存状況がよく、ヴェランダ、中廊下や階段廻りの細部意匠にみるべきものがある。旧神戸居留地に現存する唯一の商館遺構として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧神戸居留地十五番館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧神戸居留地十五番館
旧トーマス住宅(兵庫県神戸市生田区北野町)
旧旭川偕行社
旧ハンター住宅(旧所在  兵庫県神戸市生田区北野町)
旧小寺家厩舎(兵庫県神戸市生田区中山手通)
ページトップへ