厳島神社 摂社客神社祓殿 いつくしまじんじゃ せっしゃまろうどじんじゃはらえどの

宗教建築 / 鎌倉 / 中国・四国 

広島県
鎌倉前期/1241
桁行四間、梁間三間、一重、入母屋造、妻入、背面拝殿屋根に接続、檜皮葺
1棟
広島県廿日市市宮島町
重文指定年月日:18990405
国宝指定年月日:19520329
厳島神社
国宝

古来より神聖視された宮島にあり、海上鎮護の神として崇敬された。現在は仁治2年(1241)再建の社殿が基本であるが、平清盛の厚い庇護を受けて整えられた平安末期の構成を踏襲している。北の入り江に建ち、南奥の本社本殿と東の客社本殿は両流造形式で、拝殿や祓殿などの諸建築を回廊で連続した景観は、寝殿造の大邸宅を思わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

厳島神社 摂社客神社祓殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

厳島神社 本社祓殿
厳島神社 摂社客神社本殿、幣殿、拝殿
厳島神社 廻廊 (東廻廊)
厳島神社 本社本殿、幣殿、拝殿
厳島神社 廻廊 (西廻廊)
ページトップへ