墨画  桐竹図 ぼくが とうちくず

東洋画(日本画を除く) / 明治 / 日本 

中林梧竹  讃 副島種臣
なかばやし ごちく
明治/1818~1873
1
山形県鶴岡市
致道博物館

中林梧竹は名を隆経、通称彦四郎、肥前国小城藩に生まれる。鍋島家に仕えたが、幼時から書を好み、山内香雪に学んだ。後に中国入り、漢。六朝の古碑の拓本を数多くもたらし、自らの研究に資するとともに、当時の六朝書道流行の風潮を大いに刺激した。日下部鳴鶴、巌谷一六とともに「明治の三筆」と称された。
讃は副島種臣。
竹の茂々たり。梧の蒼々たり。鳳皇(ほうおう)、栖息(せいそく)す。其の羽、孔(はなは)だ章(あきらか)なり。種臣

作品所在地の地図

関連リンク

墨画  桐竹図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日下部鳴鶴所用温恭堂製木管筆 銘 中鋒快剣
七言二句「丹楓落日」
「衆人皆酔 云々」二行書
「万年和平」一行書
酒井氏庭園
ページトップへ